株式会社 菅原工業

カブシキガイシャ スガワラコウギョウ

最終更新日: 2020/09/08 11:44

会社情報

  • 株式会社 菅原工業
  • 宮城県気仙沼市赤岩迎前田132
  • 建設業、土木工事
  • dummy

    創業から55年、コーポレートスローガンである“このまちをつくる”を胸に、まちの生活を支える道路や河川などの土木工事を多く手がけ、地域の人々の「当たり前」の日常を支えてきました。当社では宮城県気仙沼市を中心に東北、そしてインドネシアにて事業を行なっております。地域の人々が快適で安心して暮らせる環境つくり勤しみ、地域社会と共に成長を続ける会社を目指しております。また外国人技能実習生を積極的に受け入れ、人材育成、就労機会の創出にも力を入れております。国内の工事にて培ってきた技術を地域社会の発展に貢献しつつ、インドネシアに発信することで、互いの地域課題の解決に役立てています。

  • dummy

    震災から数年、少しずつ復興が進むなか、事業の将来性も見据えた上で菅原工業として大きな決断をします。インドネシアへの海外展開です。目覚ましい速度で事業展開をし、大手ゼネコンでも真似できないような事業を成し遂げ、着実にインドネシアでの基盤を確立しています。確かな技術力と誠意に裏打ちされた仕事によって、地域からも多くの信頼を集めており、県や大手ゼネコンから何度も表彰を受けています。当社の挑戦は、インドネシアへの事業展開だけにとどらず、インドネシアでの経験をもとに、「地域課題をビジネスの力で解決する」ことを目指し、現在様々な事業に着手しています。気仙沼にたくさんいるインドネシアからの研修生の方向けに、イスラム教の礼拝堂を作り、インドネシア料理店をオープンしました。さらには、地域における慢性的な人材不足解消に向けて、地域教育・人材採用に関する取り組みも進んでいます。

  • dummy

    土木工事の現場では、現場を取り仕切る現場監督と作業員が一つのチームを組み、仕事を行っています。現場監督の仕事は一つの施工全体を見て、工事の進捗の管理や人員配置したり、資材調達や資金の管理を担っていきます。現場監督とは「経営者」と似ています。作業員は現場監督が決めた方針を元に、重機の操縦し 工事を行い形にしていきます。学ぶ意欲があれば、圧倒的な成長を手に入れることができる環境があります。現場監督は社員もちろん、社外の方との交渉なども多いため、日々様々な方と協力をしながら、仕事を行っています。

口コミ

2020/12/22 15:32

現場を見なければ気付けないことや感じられないことはあると思うので、実際に現場に足を運んで見学させていただいたことは、とても良い経験と勉強になりました。現場で働く社員さんと直接お話させていただく機会もあり、あまり聞けない生の声を聞くことができて、よりイメージがしやすかったです。

2020/10/22 15:18

実際に見てみないと何もわからない業界ではあったのでこの機会を通してみることができてよかった。

2020/10/05 12:14

企業の方がこまめに進捗報告の機会を設けてくださり、アドバイスをいただきながら実際にマーケティングのターゲット選定や根拠づけ、ギャップの発見等をすることができました。初めての経験なため悩むこともありましたが、アドバイスをいただけるため自分で考えながら前進できました。